一日にどのくらい働けるかを理解しておく

webデザイナーの在宅

webデザイナーの在宅

これは、自分が仕事を受注する時のおおまかな目安にもなります。

自分の生活スタイルを振り返り、無理のない時間配分を考えることが大切です。時間の自己管理ができるところが在宅ワーカーのメリットですから、もちろん自分の都合を優先されてもいいと思います。

ポイントは、自分が確実に働ける時間を確保することです。この時間を把握することで、出来る仕事、出来ない仕事がわかります。

作業に費やす時間があまりないのに、作業時間が多い仕事を選んでしまってはクライアントさんに迷惑がかかってしまいます。

自分自身で仕事と家事、育児をコントロールし、無理のないように進めてみましょう。