在宅ワークの市場はどれぐらいの規模があるか?


在宅ワーク,市場規模

増加傾向にある在宅ワークの市場ですが、実際にはどのぐらいの規模があるのでしょうか?

在宅ワークを募集しているあるWEBサービスを例に見てみましょう。

まず、会員登録は無料で経験やスキルがなくても登録ができるようになっています。

仕事の内容としましては、自宅で出来る簡単な作業をはじめ、登録されている会社もしくは店舗に出向いて作業をすることや、在宅でパソコンなどを使う仕事、外での聞き込み調査や覆面調査などなど、

メリットとしましては在宅でできたり、自分の空いた時間を利用して出来ることなどです。

すでに2000名以上の方が登録されているといいます。

会員数も年々伸びてきているとのことですので、メディアで取上げられたり、もっとこのサービスの認知度が上がって来ればまだまだ人数も増えてきていると思います。

ただ、今回は1つのサービスを例に上げましたが、日本にはまだまだ在宅ワークを募集しているサービスはたくさんあります。

もし今後も在宅ワークを継続していきたいと考えているのであれば、とことん作業をして給料を大きくすることも大事ですが、少しその時間を削ってでも資格取得の勉強や何かのスキルを身につけることをオススメします。

なぜなら、市場が大きくなっているということは参入者がどんどん増えているということです。

ほとんどの人が資格やスキルが必要のない仕事を選ぶと思いますので、いつか飽和状態になってしまうことも考えられます。

少しでも早いうちに資格やスキルを付けることで出来る仕事の幅はかなり大きくなります。そしてそのような仕事は単価がグンと上がりますので、今までよりも少ない時間で大きな報酬を得ることができるようになるでしょう。

特におすすめなのは、やはりパソコンのスキルでしょう。文字を打つのが早くなるだけで、文字打ちの仕事ができるようになりますし、文章力が上がれば記事の執筆の仕事も出来るようになります。

デザインが好きな人であればPhotoshopやIllustratorというソフトが使えるようになるだけでかなり収入が得られるでしょう。