在宅ワークの市場は増加傾向にある


在宅ワーク,市場

今の日本の不景気というのは各家庭にも大きな影響を与えているといわれます。

リストラやボーナスカットという会社も少なからずあり、さらには副業禁止という会社がほとんどです。

海外では副業OKという会社が普通で、副業禁止という会社が稀なぐらい副業をやっている人は多いといわれています。

それに影響して日本の在宅ワークの市場規模も年々大きく増加しているといわれます。

今の日本では共働きが当たり前とされていますが、出産前で会社を辞める女性や子どものいる主婦も多く存在しています。

旦那さんの給料だけでは生活はできているものの、それだけでは貯金ができなかったり、生活がパツパツであったりする家庭も多く、そういった家庭が増えていることも在宅ワークの市場規模が大きくなっている理由でもあります。

副業禁止が当たり前となっている日本ですが、今は副業OKを採用する会社もどんどん増えています

在宅ワークは主婦の割合がほとんどですが、本業のある男性が副業をしている家庭も多くなってきています。また、結婚をしていない男性で本業と別で在宅ワークをしている人も増えているといわれます。

独身男性で在宅ワークをしているケースというのは、実家ぐらしの人はほとんどいないと思いますが、就職で実家を離れている人の場合は入社したての給与だけでは生活がギリギリであったり、奨学金の返済が大きくのしかかっている事が理由だといわれています。

このように今の日本では主婦だけでなく旦那さんがやっているケースや、独身男性がやっているケースも増えてきているので、在宅ワークや副業、内職と呼ばれる仕事の規模というのは増加傾向にあるのです。

奨学金の問題や収入減の問題があることから、副業をOKにしようという動きはメディアで影響力のある人達を筆頭に出てきつつあります。副業禁止という考え方は古いという意見や、副業OKにしたことによって会社の業績が伸びたなどという意見も多く、今後も在宅ワークや副業に参入してくる人は増えるでしょう。